Top > 注目 > 環境により異なる芝刈り機の最適な選び方

環境により異なる芝刈り機の最適な選び方

そのため、3分の2を残したまま芝刈りができる様子から手動の芝刈りが最適であると考え選びました。エンジン式と相反する形であるのが手動式の芝刈り機であり、芝刈り機を押す力を利用して刃を回して芝刈りをしていく仕組みなので、音が静かである上に細部まで処理がしやすいという利点がある事が理解できました。

また、使用している芝生の成長点はあまり高くないので、エンジン式はもちろん電動式でも本来であれば残しておかなければならない箇所まで刈ってしまう恐れがあった事から、電動式も選択肢から外しました。まず、自宅は一戸建て住宅ではあるものの住宅街に位置しているため、エンジンを搭載しているような大きな音を発生させながら駆動する芝刈り機は適していないと考え選択肢から外しました。

調べていくと芝刈り機は大きく分けて手動式と電動式、エンジン式の3つの動力に分かれている事が判明しました。間を取るようにして電動式の芝刈り機も存在していますが、どのようなタイプを購入する場合でも伸びてきている芝生の不要な部分のみを綺麗に処理する事ができる製品を選ぶという選び方が重要であるため、敷地面積や環境と合わせて刈り込みができる高さや成長点についても目を向けていきました。

最初のうちは手作業で行っていたものの、到底効率的とは言えない様子であったため芝刈り機の購入に踏み切る事にしましたが、いざ購入に踏み切る時に気が付いたのは一言で芝刈り機とは言っても非常に種類が豊富で、用途や環境に合わせて購入しなければならない事です。マイホームを購入する時には広い芝生の庭を持つ事を憧れとしていており、実際に比較的広い庭を手に入れる事ができたのですが、予想外の負担になったのが芝生のお手入れについてです。

一見するとエンジンを動力としている物が最良であるように感じられたのですが、100坪を超える広大な敷地でも芝刈りが行いやすい反面、一般住宅で使用するとなれば持て余してしまったり、細部の処理が難しいという事を知りました。

注目

関連エントリー
気になる沖縄結婚式場環境により異なる芝刈り機の最適な選び方自宅の芝を綺麗に整えるための芝刈り機の使い方気になるズバットピアノ買取比較の評判金利なしで借りられる消費者金融のプラン